サッカーボール

欧州サッカーはレベルが高い 見るべき大会

サッカーは日本で最も人気があるスポーツと言っても過言ではありませんが、その人気は欧州でさらに高くレベルも日本のものと比べてかなり高いです。

日本のサッカーファンの中にも欧州サッカーのファンは多く、ここでは見るべき大会を紹介したいと思います。まずはUEFAチャンピオンズリーグです。1年に1回行われる欧州サッカー連盟に加入している国のクラブチームの中からその年最も強いチームを決めるものです。その国で上位のクラブチームはその国のナショナルチームよりも強いと言われるめ実質世界で一番レベルが高いと言っても過言ではありません。またこの大会で優勝したチームはクラブチーム世界1を決めるクラブワールドカップへ出場し世界1への挑戦の切符を手に入れることになります。

続いて紹介する大会はUEFA欧州選手権です。ユーロとも呼ばれ2016年のユーロならばユーロ2016という呼ばれ方をします。このユーロは4年に1度行われ、ヨーロッパ1の国を決めます。出場国の枠の関係でワールドカップに出ることが出来ないチームも出場することが出来るのでそのレベルはワールドカップよりも高いと言われ、多くのサッカーファンが注目します。前回はポルトガルが優勝し、3年後ではどこのチームが優勝するのかファンにとっては楽しみな話題の一つです。

シュート
シュート

Jリーグのtoto 欧州サッカーのブックメーカー

試合のレベル、選手の個人技以外にも日本のサッカーと欧州のサッカーには大きな差があります。

Jリーグの勝敗予想にはtotoがあります。欧州のサッカーはtotoの規模をはるかに上回るブックメーカーがあります。

Jリーグにはtotoしかありませんが、ブックメーカーには多数の運営会社があります。プレミアリーグをはじめとして、Jリーグ出身の日本人選手が多いブンデスリーガやリーガ・エスパニョーラなど、世界すべてのプロサッカーリーグの勝敗予想ができます。多くのサッカークラブのスポンサーになっていて、応手サッカークラブの貴重な収入源になっています。

サッカー以外でも、スタジアムの規模やJリーグのtotoとブックメーカー違いのように、規模の違いは明白です。

選手のレベルアップやJリーグの強化はもちろん必要ですが、スタジアムの外に目を向ける事も必要でしょう。そして、ブックメーカーやテレビやインターネットの利用など良い部分を積極的に取り入れれば、欧州の主要リーグに少しでも追いつけます。

フィールド

サッカーW杯 クラブチーム 欧州との差

オリンピックをも超えると言われる夢の祭典、FIFAワールドカップは4年1度開催されています。ワールドカップでも毎回上位にランクインし、クラブチームとしてもサッカー界を牽引している国(地域)は紛れもなくヨーロッパです。ドイツ、イタリアらは歴代最多優勝のブラジルに次いで、2位と3位です。またスペイン、フランス、イングランドも優勝経験があります。

クラブチームでは、欧州4大リーグと呼ばれているヨーロッパを代表するリーグが、欧州の枠を飛び越え、世界最高峰のリーグの4つであると言えるでしょう。

そんな強豪国がひしめくヨーロッパと比較して、日本サッカーとは一体どれくらいの差があると言えるのでしょうか。

日本は98年のフランスワールドカップでW杯初出場を果たし、自国開催の2002年と南アフリカ大会ではベスト16入りをしました。20年以上も前と比べると、その差は断然詰まっていると断言できます。しかし今現在、欧州との差はまだまだ開いており、到底同レベルでは考えられません。

急成長を遂げた日本サッカーですが、世界と同列に肩を並べるようになるには、まだもう少し時間はかかりそうです。「組織力」「運動量」「精神力」。そういった日本の良さを伸ばしていくことが、今後重要になってくるのではないでしょうか。